2010年春夏シーズンからスタートしたデニムブランド「KURO」。

そのブランドネームは、日本語の 黒 を意味します。陰湿、孤独なイメージを与え、また神秘的で威厳があり、強さを表す 黒。

そして、黒は私達日本人にとって美しい髪の色をも表現します。
それら 黒 から受けたあらゆるインスピレーションは、「KURO」のデニムへと注がれました。

紡績や縫製、染色、加工など、デニム作りにおいて世界最高峰と謳われる日本のクラフトマンシップはディテールへ、

ステッチワークという遊びゴコロは流麗なシルエットへと昇華し、

スタイリッシュかつ徹底的にこだわり抜かれた「メイド・イン・ジャパン」は、独創的なデザインと
圧倒的なコストパフォーマンスをもって1stシーズンを迎え、世界中のバイヤーが集まるPITTI UOMOへの
出展を皮切りに世界各国のショールーム、バイヤーから高い評価を受けました。

 


 
 


 

KUROのデニム加工は岡山県児島で行われています。

デニムの産地でもある児島で職人が重ねられた経験と管理で、丁寧に1点1点
 手作業で立体のヒゲ、ハンドシェービングなど様々な工程を経て洗い、染めを行っています。

その中でも最大の特徴は、ジーンズの魅力の一つでもある
 ヒゲに特質させた形状記憶の立体的なヒゲになります。

また全てのウォッシュ加工において生地とのバランスも熟考され、
その加工は自然に身体になじむようこだわり、仕上げられています。
 

 


 


吉河織物製デニム / YOSHIKAWA ORIMONO DENIM

力職機で織られた13oz.の整理加工が施された生地。

濃紺で綺麗な表情が魅力で、オンスが軽いため細めのシルエットと相性が良いのが特徴です。
 加工後には程よく綺麗な縦方向の色落ちが生み出されます。

(GRAPHITE / Slim Straight, DEMPSEY / Tapered に使用しています。)
 

日本綿布製デニム / NIHON MENPU DENIM

ピュアインディゴで染められた経糸に、ウレタンが織りこまれた緯糸を使用し
 シャトル織機で織られた12ozの生地。

力織機で織られたストレッチのセルヴィッジが特徴です。

程よい加工感が表現できるように糸のムラをKURO独自に調整され、
デニムの表情を豊かに表現するように織られた生地です。

(FIBRO / Skinny, DIAMANTE / Slim Tapered に使用しています。)
 

14oz.の整理加工がされてない生地「キバタ」で、ヴィンテージ特有の
 ねじれや毛羽感、風合いが表現されています。

力織物で織られた糸の打ち込みが多いのが特徴です。

ムラ糸を使用しているため、シボ感や縦方向の色落ちが非常に際立ち、加工栄えする生地と言えるでしょう。

 (Dempsey / Tapered, Anarchism / Wide Straight に使用しています。)

 


 

糸は単糸(金茶)と単糸(白)を合わせた双糸を使用しているため強度があります。

また、綿糸を使用しているため、加工後や履き込んでいくうちに糸の色も抜け、古着のような色や風合いが出ます。

フロントやバック、コインポケット部分に施されたハンドメイド風のステッチが最大の特徴で、さらに同色の糸で地縫いをしています。
この縫製は限られた工場にしかない技術な上、通常に比べ2倍の工程を踏むという手間もかかっています。

ハンドステッチ部分の糸は細めのものを使用しており、運針も細かいため洗いをかけた際に
 パッカリング(縫い縮みやひきつれによる生地のゆがみ)が出やすくなるように設計されています。

ベルトループのステッチにもこだわり、ステッチ間に山ができるようなヴィンテージらしい独特の縫製がされています。

その他にも、糸の太さやステッチ幅などを要所で変えているため、ステッチが立体的に見えるようになっています。