• AKM×ROCKY MOUNTAIN FEATHERBED / DIA STITCH CHRISTY VEST (ダウンベスト)
    B158WAC002

    102,600円(内税)

     S(残り2点)M(残り1点)L(残り1点)
    99.BLACK
    SIZE
    COLOR
    購入数

    アメリカを代表するダウンブランド「ROCKY MOUNTAIN」
    生産コストを度外視し常に新たな挑戦を胸に邁進を続ける「AKM」とのコラボレーション第3弾。
    両者が厳選した上質な素材を使用し、ROCKY MOUNTAINが誇る国内工場にて製造を行ったスペシャルモデル。


    ベースとなった型モデルは、ムートンファー付きのCHRISTY VEST/クリスティーベスト
    一枚革ヨークの牛革、700FPのヨーロピアンホワイトダック(ダウン90% フェザー10%)

    基本パターンはロッキーマウンテン本国のスペックを活用。
    ヴィンテージアメリカを思わせるクラシックでタイトなシルエットが特徴。


    今季ボディに使用した素材は綾織りで耐久性のあるダブルツイルウール。ヨーク部分のレザーは継続。
    AKM独自のダイヤキルトステッチも継続しています。
    また、今季はフロントボタンがマットブラック仕様になっています。

    ナイロン×レザーのコンビネーションだった昨年に対して
    ウール×レザーのコンビネーションはグッと大人な雰囲気に仕上がっています。


    -Rocky Mountain Featherbed-
    1960年代後半、Rocky Mountain Featherbedはアメリカ・ワイオミング州のジャクソンホールで産声を上げる。
    ネイティブアメリカンの英知が生み出したレザーケープを参考に、継ぎ目の無い一枚革を使った
    ウエスタンヨークをアイコンとしたカウボーイ向けのウェアが完成。
    それが羽毛布団(FEATHERBED)のような防寒性、保温性を保証するダウンベストだった。
    NOLSを卒業した創業者はその経験とサバイバルスキルを生かし、
    1974年当時最高のハイテク素材だったGORE TEX素材をいち早く採用。
    一枚革ヨーク仕様のマウンテンパーカーを完成させた。
    さらなる飛躍を遂げるかに思われたが、残念ながら1980年代後半にブランドが消滅してしまう。
    同じ頃、一人の日本人がRMFBの収集を始める。
    そして20年という歳月を経て研究と試作を重ね、オリジナルをも超えるリブロダクツを2005年秋に完成させる。
    一枚断ちのレザーヨーク、天然ムートンを使用した襟など、確かな価値を受け継ぎつつ、
    さらに”現代”というエッセンスを加え、そして今なお、世代を超えて世界中の人々を魅了し続けている。
    着用モデル:身長170cm 65kg 着用サイズ: S


    -着用した感想-
    Mサイズでジャストサイズでした。
    インナーにパーカーを羽織る場合はMサイズがジャストサイズです。
    ロッキーマウンテンの36がSサイズ、38がMサイズです。


    [SIZE]
    S(36) / 着丈64.5cm 身幅50.5cm(脇下) 身幅50cm(脇下10cm) 肩幅36cm

    M(38) / 着丈66cm 身幅53cm(脇下) 身幅52cm(脇下10cm) 肩幅38cm

    L(40) / 着丈67cm 身幅55cm(脇下) 身幅54cm(脇下10cm) 肩幅40cm


    [素材]
    ポリエステル50% レーヨン27% ウール22% ポリウレタン1%
    裏地:ナイロン100%
    中綿:ダウン90% フェザー10%
    ヨーク:カウレザー
    ファー:シープ
    • 楽天ペイ